メダカの生態

メダカの生態


メダカの生態


流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。
蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。

1回の産卵で、約10個の卵を産む。
通常、春から夏にかけて産卵し、孵った仔魚は夏、秋の間をかけて成長し、次の年に産卵する。
早い時期に孵化したもののなかには、その年の秋に産卵をする個体もある。
メダカの産卵時期と水田に水が張られる時期は一致しており、日本の稲作文化と共存してきた「水田の魚」とも称される。

また、腎機能が発達しているため耐塩性が非常に高く、慣れさせれば、海水で生活することも可能である。
この体質を利用し、台風などの洪水で海に流されても河口付近の汽水域に駐留し、流水量が緩やかになってから遡上することができる。
一般にメダカの寿命は1年と数か月ほどといわれているが、人工的な飼育下ではその限りではなく、長いものでは3〜5年程度生きる。
メダカの生態

メダカの生態

★メダカいろいろ

メダカについて
メダカの形態
メダカの生態
メダカの分布
メダカが絶滅危惧種!?
メダカと遺伝子操作

★熱帯魚・観賞魚グッズ

水槽の人気商品ランキング!
魚飼育セットの人気商品ランキング!
アクアリウム内装の人気商品ランキング!
金魚鉢の人気商品ランキング!
魚繁殖グッズの人気ランキング!
水槽フィルターの人気商品ランキング!
水槽掃除用品の人気商品ランキング!
水槽エアポンプの人気商品ランキング!
水槽ヒーターの人気商品ランキング!
底砂・砂利の人気商品ランキング!
人工水草の人気商品ランキング!


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)めだか天国